2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月23日

かじったウェハースがモチーフ フード系グラフィック本「Eat Me: Appetite For Design」

見ただけで「可愛い!」と叫んでしまいそうな食べ物のパッケージは、食べる前から幸せな気分を私たちに与えてくれます。そんな中今回は、お菓子のパッケージやレストランの設計など「食」にまつわる様々なデザインをまとめた書籍「Eat Me: Appetite For Design」を紹介します。

eatme1.jpg

パッケージデザイナーやグラフィックデザイナーなど、美味しさやその商品の魅力を外装から伝えようとしているクリエイターの方におすすめです。

詳しくは以下

eatme2.jpg

eatme3.jpg

これはウェハース?いいえ、本です。

人間の生活に欠かすことのできない「食」をテーマとして、いろいろな角度からのデザインをまとめたこの一冊。パッケージデザインや、ブランディング、食べ物を使ったアート作品、食品のプロモーション、さらに店頭デザインなど、商品の魅力が伝わるように考えられたデザインが多数掲載されています。商品の美味しさを見た目から伝えることの出来るデザインの力が素晴らしいと、改めて感じさせてくれますね。

日々デザインを生み出すクリエイターの方におすすめな一冊です。是非一度チェックしてみてください。

書籍は下記サイト、またはAmazonにて購入可能です。

welcome to victionary
Eat Me: Appetite For Design



関連記事
おすすめのデザイン本「夢みる挿絵の黄金時代フランスのファッション・イラスト」
人々を魅了するマリメッコの全てを紐解く「フィンランドのマリメッコ手帖」
クリエイター必見!おすすめのデザイン本「はじめての編集」
おすすめのデザイン本「店頭販促グラフィックス」


posted by admin at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Designer'sBooks
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。