2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月27日

天井に吊るされているオブジェに光をあてると・・・「Shadows and Light」

絶対に考えつかなかったようなアイディアや表現で、私たちの生活に彩りをもたらしてくれるアートは、見ているだけで感性が刺激されます。そんな中今回は、驚きのアイディアにびっくりする素敵なインタラクティブアート「Shadows and Light」を紹介します。

Shadows and Light1.jpg

一見壁に絵が描かれていて、天井にオブジェが吊るされている不思議な空間かと思いきや、実は奥にある絵は、このオブジェに光をあてて出来上がった影絵なのです。

詳しくは以下

Shadows and Light2.jpg

Shadows and Light3.jpg

天井に吊るされた半透明のプラスチックや、ペットボトルに光をあてることで、壁に影絵が浮かび上がるというこの作品。糸の長さや傾き加減、吊るし方など、一つ一つのオブジェが意味を成して、大きな一枚の絵を完成させています。どういった制作過程を経て作品が完成しているのか?非常に気になるところです。

パーツが何かが欠けても、一つ場所が違っても作品が完成できないことを考えると、作品を見る時の刺激以上の奥深さが感じられます。

Rashad Alakbarov Paints with Shadows and Light | Colossal

関連記事
折り紙のような3Dデジタルアート「The Paper Fox」
額縁に飾ってある静止画が思いのままに動く「Still Life」
洗濯物から生まれた馬達の物語を綴ったフォトグラフィック「The Girl with the 7 Horses.」
ロンドンの街中で表現された小さなガーデニングアート「Miniature Garden」
デジタルとアナログが融合した世界観のユニークなミュージッククリップ androp「World.Words.Lights.」
posted by admin at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック