2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年02月29日

波形の異なる流線が美しいアート作品「Alphabet Topography」

見る位置によってさまざまな表情を楽しめるのも、現代アートの特徴の一つ。魅せ方を意識した作品に、魅了されている方も多いのではないでしょうか?そんな中今回は、さまざまな流線形が集合して表現されたアート作品「Synoptic Office」を紹介したいと思います。

synoptic_01.jpg

Yale University出身のデザイナー・Caspar Lam氏とYuJune Park氏によるデザインオフィス「Synoptic Office」から発表された、薄い板につけられたさまざまな流線を組み合わせることで、アルファベットが表現された作品です。

詳しくは以下

synoptic_02.jpg

横から見ると美しい流線の集合に見えますが、俯瞰から見てみると、それぞれの塊ごとにアルファベットが表現された、全く見え方の異なるユニークなアート作品となっています。更に単語に利用される頻度の多さによってそれぞれのアルファベットのサイズを変化を付け、それぞれのアルファベットに意味を持たせているそう。

オフィスや家の入り口に飾れば、それだけでデザイン性の高い空間を演出することができそうですね。美しい曲線を楽しむ作品としてはもちろん、インフォグラフィック的な要素も取り入れた、ユニークな作品だと思います。

Synoptic Office
Synoptic Office − SOPHISTRY

関連記事
衣服で顔を作る斬新なアイデア「Clothing Faces」
お風呂の中でもデザイン!結露を利用したアート「The Shower」
日常の風景に3D技術を用いて遊び心を「3D Pedestal Street Art」
森の中に突然表れた本物そっくりの木の彫刻「Guerilla” Tree Sculptor」
posted by admin at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。