2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年03月03日

空間タッチディスプレイ「 Interactive Displays: Behind the Screen Overlay Interactions」

様々なデバイスが登場し、もはやタッチパネルもさして珍しくなくないものになりつつありますが、今回紹介するのはワシントン州のレドモンドで開催された「Microsoft TechForum 2012」で公開された、空間上で立体的にデータなどを操作することが可能にする空間タッチディスプレイ「 Interactive Displays: Behind the Screen Overlay Interactions」です。

display.jpg

このディスプレイにはOLED(有機ELディスプレイ)が用いられており、透明なディスプレイの向こう側の空間を透過させながら、まるでその空間に表示するようにインターフェイスが展開されます。言葉では伝えづらいのですが、実際の操作している動画がYoutubeに公開されていましたので、下記からご覧下さい。

動画は以下から



今までのPCにはない、奥行きのある操作体系は新鮮です。平面での操作からの切り替えは最初は違和感を覚えそうですが、ディスクトップの使い方が一気に変わりそうなアイデアだと思います。

現在はまだプロトタイプレベルのものですが、こういったものが実際に製品化され形になってくるのか今後に注目したいディスプレイです。

Applied Sciences Group: Interactive Displays: Behind the Screen Overlay Interactions - YouTube

関連記事
新しい時計のカタチ「Lineaer Clock」
挟み直すことなくブックマークできるしおり「ALBATROS」
水を入れるだけで花瓶に早変わり D-BROSフラワーベースシリーズ10作目「Hope Forever Blossoming」が登場
IDカードを挟めるiPhoneカバーケース「iPUP」
カラフルで可愛い 小さなマグネットイヤリング「mag・net・ic」
posted by admin at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック