2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年03月04日

アングリーバードをもっと楽しくする、リアルスリングショット型USBコントローラー「mbed USB slingshot」

世界中で大ヒットを記録している、フィンランドのRovio MobileがiPhone向けに開発したモバイルゲーム「アングリーバード」。アプリにとどまらず、様々なプラットフォームで公開されていますが、今回紹介するのはアングリーバードをもっと楽しくする、パチンコ型USBコントローラー「mbed USB slingshot」です。

slingshot.jpg

アングリーバードはマウスを利用して、スリングショットを利用したゲームで、鳥たちを飛ばして、フィールドの豚を倒していくというゲームになりますが、この「mbed USB slingshot」は、実際にスリングショットを打った動作がゲームのスリングショットと連動し、ゲームが操作できるというものです。実際そちらを利用した動画が公開されていましたので以下からご覧ください。

動画は以下から




すべてのゲームに共通して言えることかもしれませんが、少しだけ現実に出してあげる事で、全く印象が変わります。動画ではアングリーバードをプロジェクターで写してプレイしていますが、マウスで動かすものとはまた違った楽しみを得られそうです。

この「mbed USB slingshot」。自作が可能で、必要なもの、基盤のつなぎ方、プログラムまで、すべて「Slingshot - Cookbook | mbed」で公開されていましたので、どうしてもやってみたいという方はかなりハードルは高そうですが、チャレンジしてみても良いかもしれません。

mbed USB Slingshot! - YouTube


関連記事
空間タッチディスプレイ「 Interactive Displays: Behind the Screen Overlay Interactions」
新しい時計のカタチ「Lineaer Clock」
挟み直すことなくブックマークできるしおり「ALBATROS」
水を入れるだけで花瓶に早変わり D-BROSフラワーベースシリーズ10作目「Hope Forever Blossoming」が登場
IDカードを挟めるiPhoneカバーケース「iPUP」
posted by admin at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック