2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年03月08日

全てのシーンが手で表現されたショートムービー「Fine」

PCで簡単に動画編集ができるようになり、ムービー制作を趣味として楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?多くの映像作品が発表される中、独特な視点で表現された映像には大きな注目が集まっています。そんな中から今回は、全てのシーンの登場人物が手で表現されたショートムービー「Fine」を紹介したいと思います。

fine_01.jpg

ミラノを拠点に活動するアニメーター・Virgilio Villoresi氏による、一人の兵士の人生を描いたユニークな作品となっています。実際のショートムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



ムービーは体力づくりのシーンからスタート。一つの手で体全体が表現されていたり、顔のアップになったりと、リアルな画角作りにこだわって作られています。全てが手の中で表現されている点、またクレジット表記までも手で表現している点など、一つの手から繰り出されるさまざまな人物表情や、背景表現の発想力には驚かされます。

物語の最後は、撃たれて終わるという少し物悲しい内容になっていますが、実際の映画のようなシーン作りにこだわった迫力のある作品だと思います。

Fine: The Birth, Life, and Death of a Soldier (As Painted on a Hand) | Colossal

関連記事
一つのオブジェの中に複数のポーズが表現されたアート「Magic Angle Sculpture」
デジタルとアナログの世界がコラボレート「Pixels and Polaroids, 8-Bit Pixelated Characters in Polaroid Photos」
部屋の半分がグラフィティアートとなっているフランスのホテル「A French Hotel Room Half Covered in Graffiti」
CD-ROMを利用して作る、動物スカルプチャー「Cool animal sculptures made from chopped up CDs」
さまざまな生物が群れるシーンを表現したインスタレーション「Swarms, Flocks & Herds」
posted by admin at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック