2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月01日

アメリカの写真事情をわかりやすくまとめた「How Many Photos Do Americans Take a Year?」

携帯電話やスマートフォンの普及、安価なデジタルカメラの普及により、生活の中で、写真を撮る機会は非常に増えたと思います。今日紹介するのは、アメリカの写真事情をわかりやすくまとめた「How Many Photos Do Americans Take a Year?」です。

digital.jpg

上記はナショナルジオグラフィックによる、アメリカのデジタル写真の枚数をまとめたインフォグラフィック。2006年から写真撮影枚数は増え続け、2015年度には1000億枚を超えようとしています。また、アメリカで撮影されている写真のうち、約37%がカメラ付きの携帯電話で撮影されたものだそうで、この数はさらに加速し、2015年ではおよそ50%になるのではと推測されています。


詳しくは以下

写真は一つのコミュニケーションの手段とになっており、多くの写真はFacebookによって共有されているそうで、Facebookでの写真の数は、FlickrやInstagramなど画像共有サービスをはるかに超えた数になっています。

コミュニケーションの形は、一世代前とは本当に大きく変わりましたね。インフラとデジタル機器の進化によって、あと5年後はまた大きく塗り替えられていそうです。

How Many Photos Do Americans Take a Year?

関連記事
記事を見る
切り絵で表現されたタイポグラフィックポスター「Handcrafted typography posters」
食器やナイフが紳士に変身する「dinner etiquette」
折り紙に魂がふきこまれていく過程をムービーで楽しめる「Origami Stop Motion」
個性的なキャラクターが魅力的なアプリのプロモーションムービー「Akatu - Fake Shower」
posted by admin at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック