2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月01日

目や輪郭のみで描き表現される インクを使った肖像画

人の顔の特徴を捉えて描かれる肖像画にも、手がけるアーティストによってさまざまな表現方法や質感があり、一つのアートのジャンルとして楽しむことができます。そんな中今回紹介するのは、目や輪郭のみで描き表現される、インクを使った肖像画です。

s1.jpg

アーティスト・Timothy Pakron氏によって制作された、顔のメインパーツのみを捉えるだけで肖像画として成り立つ、高い描写技術と表現力が素晴らしい作品となっています。

詳しくは以下

s2.jpg

滴り落ちるインクの質感はそのままに、黒一色で濃淡を付け、女性・男性それぞれの顔を再現。撮影された写真をベースに描いている様子。決して計算できないインクの状態とも合わさって、肖像画として他にはない個性を発揮しています。顔の特徴的なパーツだけで人の顔が認識できるという意外性にも驚かされますね。

今回紹介した写真以外にも作品が展開されていますので、気になる方は下記サイトにてチェックしてみてください。

Timothy Pakron | iGNANT

関連記事
レゴで作られた小さな看板「Mini billboards Lego」
2つのレコード盤で描き出されるアート「Drawing Apparatus」
アメリカの写真事情をわかりやすくまとめた「How Many Photos Do Americans Take a Year?」
記事を見る
切り絵で表現されたタイポグラフィックポスター「Handcrafted typography posters」
posted by admin at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック