2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月18日

ワイヤーの濃淡で表現されたアート作品

画材に捕われない斬新な表現を楽しめる現代アート。素材を決める創造力の高さや繊細な描写には、いつも驚嘆させられます。そんな中から今回は、メッシュワイヤーを利用して制作されたアート作品を紹介したいと思います。

wire_01.jpg

韓国人アーティスト・Seung Mo Park氏によって制作された作品となっており、何重ものメッシュワイヤーが織り成す濃淡の世界を楽しむことができます。実際に制作している風景のムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



濃淡の美しさを表現するための動きのある世界観を水中撮影で再現。撮影された写真を元に一つの作品が作り上げられています。何重にも重ねたメッシュのワイヤーの濃度をペンチで切りながら調整することで、神秘的な一枚の作品が出来上がります。

メッシュのワイヤーとペンチで制作されたとは思えない、光と影の織り成す繊細な世界観が美しい作品だと思います。他にも同じ手法で表現されたさまざまな作品が公開されていますので、是非下記リンクもチェックしてみてください。

Lion Skeleton
Ephemeral Portraits Cut from Layers of Wire Mesh by Seung Mo Park | Colossal

関連記事
ネジを使って立体的に描かれたアート「Stunning New Screw Portrait」
手作りできるカメラなカメラバッグ「Retrotastic Camera Camera Bag Tutorial」
ナイフを使ったタイポグラフィアート「Knife Typography」
母親のさまざまな面を切り取ったフォトアート「SHE CAN LEAP TALL BUILDINGS」
靴下で表現された肖像画 Red Hong「Zhang Yimou Portrait made of bamboo sticks, pins and socks?!」


posted by admin at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。