2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月21日

写されたものの形を光に取り込む「Catch Memory Light」

私たちの住む世界を明るく照らしだす、もはや生活の中で欠かすことのできない明かりには、さまざまな形が存在しています。そんな中今回は、通常の明かりの概念とは一風変わった形を生み出すことができる「Catch Memory Light」を紹介したいと思います。

catchlight.jpg

Shi Tenggao氏とZou Yujuan氏の2名によって考案されたコンセプトモデルで、写されたものの形をそのまま明かりとして取り込む、想像力を刺激する照明となっています。

詳しくは以下

「Catch Memory Light」の前に手で形をつくったり、光で形取りたい物を前に置き形を投影させることで、オリジナルの照明の形を作り出すことができます。複雑な形でも再現できるので、いままで照明として再現できなかったデザインを生み出すことができるかもしれません。

お祝いの言葉やメッセージなどを写しだして、パーティーの席で利用してみるのも面白いかも。製品化はまだされていませんが、もし発売されたら非常に高い注目を集めそうな一品だと思います。

Catch Memory Light by Shi Tenggao & Zou Yujuan ≫ Yanko Design

関連記事
写真フィルムの形が再現された「フィルム形ティッシュホルダー」
未来のスマートフォンの形を楽しめる iida2012コンセプトモデル「Jaime Hayon」
家具の形をしたパンケーキを作ることができる「Sapore Dei Mobili」
瞬きにも反応し消灯するライト「Energy-Saving Light」
指先サイズが可愛らしい食品サンプルアート「Miniature handmade sculptures」
posted by admin at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック