2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月30日

自転車のパーツで作られたアートを描き出すマシン「Drawing machine」

どんな状況で、どんな形で形成されるのか?思いがけないところから生まれることもあるのが、アートの面白いところではないでしょうか?そんな中今回は、アートを描き出す人に生み出されたマシン「Drawing machine」を紹介したいと思います。

cyc.jpg

自転車のパーツを使って作られたマシンに付いているペンによって、壁に独特なアート作品が描き出されています。

詳しくは以下

自転車のペダルをこぐと、車輪が回転するなどしマシンが可動。車輪の動きと連動し描く正面の大きな円と、上部に設置された4本のペンによって描くラインを、回転と揺れによりカラフルに彩っていきます。ペンの色を変えればまた表情が変わり、こぐ速度や振り幅によってもまたふられる角度が大きくなり、新しい表情を見せてくれます。

出来上がるまで、一体どんなものになるかわからないワクワク感も楽しめますし、かなり大掛かりなマシンの構造にもインパクトや、アート性を感じることができると思います。

Drawing machine #1 by Joseph Griffiths | feel desain

関連記事
削りだされた、都市彫刻「Cityscape Installations」
自然の中に人の存在感を感じられるアート作品「Mirrored series」
子どもの日々の成長を追った可愛らしいムービー作品「Vince Time Lapse/Lotte Time Lapse」
自然の音を採取し音楽を奏でるミュージックビデオ「Music from Nature」
ゴムバンドで制作された3Dアート
posted by admin at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック