2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年05月01日

iPhone上に街が出現した3Dアニメーションムービー「iPhone Diorama」

iPhone上でできるクリエイティブ性に魅了されているクリエイターも多く、さまざまなアート作品が発表されています。そんな中から今回紹介するのが、iPhone画面に街を出現させた3Dアニメーションムービー「iPhone Diorama」です。

ipone_01.jpg

ロサンゼルスを拠点に活動する、3DアーティストでありアニメーターのMike Ko氏によって制作されたCGムービーとなっています。まずは下記より実際の映像をご覧ください。

詳しくは以下



質感の美しい世界が表現されたこの作品は、MAYAとAfter effectを利用して制作されており、ポップで可愛らしい雰囲気の街を、一台の車が自由に走り回っています。一連のムービーは全てiPhoneの小さな画面上で展開されていますが、立体的に表現されたムービーが迫力を感じさせてくれます。

このムービーを見ていると、3D映像が一般的になる中でiPhoneが次にどのようなインターフェースを発表するのか、そんな期待感も生まれてきそう。クオリティの高い美しい3DCG作品だと思います。

iPhone Diorama | Fubizトレードマーク(TM)

関連記事
自転車のパーツで作られたアートを描き出すマシン「Drawing machine」
削りだされた、都市彫刻「Cityscape Installations」
自然の中に人の存在感を感じられるアート作品「Mirrored series」
子どもの日々の成長を追った可愛らしいムービー作品「Vince Time Lapse/Lotte Time Lapse」
自然の音を採取し音楽を奏でるミュージックビデオ「Music from Nature」
posted by admin at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック