2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年05月02日

古いダンボールで表現された街の一角の風景「a city within the city」

DesignWorksでも何度か取り上げている、ダンボールを利用したアート作品。ダンボールの素材感を活かしながらもダンボールらしさを感じないクリエイティブ表現の高さが特徴です。そんな中から今回紹介するのが、古いダンボールの質感や雰囲気をそのまま利用したアート作品「a city within the city」です。

city_01.jpg

ドイツ人アーティスト・EVOLによって制作された、ダンボールの模様や古さを活かしたユニークな作品となっています。

詳しくは以下

city_02.jpg

city_03.jpg

雰囲気を感じられるマンションやアパート、街の一角がダンボールで見事に表現されています。使い古しの古材を使うことで、古びたアパートメントの質感、また窓やベランダなども実にリアルに感じられ、本当にそこに街が存在するかのような、リアリティのある空間を作りだすことに成功しています。

今にも窓から人が顔を覗かせそうな空気感のある作品ではないでしょうか?氏の作品が他にもたくさん公開されていましたので、気になる方は是非EVOLTASTEもチェックしてみてください。

Corrugated Carboard Collage Art by EVOL | GBlog

関連記事
iPhone上に街が出現した3Dアニメーションムービー「iPhone Diorama」
自転車のパーツで作られたアートを描き出すマシン「Drawing machine」
削りだされた、都市彫刻「Cityscape Installations」
自然の中に人の存在感を感じられるアート作品「Mirrored series」
子どもの日々の成長を追った可愛らしいムービー作品「Vince Time Lapse/Lotte Time Lapse」


posted by admin at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。