2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年05月17日

Facebookが立ち上げた節電を可視化できるアプリ「OPOWER」

原発の停止によって今年の夏の電力需給が問題となっている日本や、世界中の国々では限りある資源を大切に利用するためのさまざまな活動が活発かしています。そんな中から今回は、世界最大のソーシャルネットワークサービス・Facebookが立ち上げた、節電を可視化することができるアプリ「OPOWER」を紹介したいと思います。

opower_01.jpg

アメリカで各世帯に電力の使用状況を個別に発信している「Opower」とFacebook、NRDC(自然資源防衛協議会)のコラボレーションによるアプリとなっており、Facebookアカウントを利用して、節電率を競争することができます。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



Facebookのアカウントがあれば使用することができ、自分の電力使用量をチェックできたり、友達と節電率を競ったりと、ゲーム感覚で節電を楽しむことができます。また節電に関するアイデアを共有したり、グループを作成して節電率を競うこともできるので、より連帯感を持って節電に取り組むことができそうです。

電気量を手軽に管理していくことができるので、煩わしい電気料の管理などから解放されるというのも嬉しいですね。日本ではまだ対応していないサービスとのことですが、一日でも早く利用できるようになってほしいサービスだと思います。

Opower

関連記事
シーンに合わせてもっとも最適なプレゼントを選んでくれるソーシャルギフトアプリ「karma」
爽やかな目覚めと今日の天気が楽しめる新発想のソーシャル目覚ましアプリ「UNIQLO WAKE UP」
運気がアップするドライブルーとを検索できるアプリ「開運パワーロード」
iPadを完全ノート化できる「Brydge + iPad」がすごい!
組み立てられる木材で時間を表示するアプリ「Standard Time」

タグ:apple アプリ app
posted by admin at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Mac
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック