2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年05月28日

懐かしさを感じるオモチャで構成されたフォント「TOY FONT」

フォントをテーマにしたアート作品は、たくさんのアーティスト達の手によって発表されており、それぞれのセンスでチョイスし使用される素材もさまざま。そんな中今回紹介するのが、小さなオモチャを使って構成したフォントがテーマのフォトアート「TOY FONT」です。

toyfont_01.jpg

ニューヨークを拠点に活動するフォトグラファー・Joshua Scott氏による、BULLETT Magazine’sにも掲載された注目度の高いアート作品となっています。

詳しくは以下

toyfont_02.jpg

AからZまでのアルファベットと、0から9までの数字全てが、小さなオモチャで形作られています。配置する場所やカラーリングも計算されているのか、絶妙なバランスが保たれているように感じます。おもちゃ箱の奥深くに眠り、遊ばれる機会をなくしてしまったアイテム達に、新しい役割が与えられたようなイキイキとした雰囲気も伝わってくるようです。一つ一つのフォントを見ていると、自分が子どもの頃に遊んでいたオモチャのパーツや大切にしていたアイテムを思い出すことができそうですね。

Joshua Scott Toy Font | Trendland: Fashion Blog & Trend Magazine

関連記事
水たまりの中からロンドンの風景を楽しめるフォトアート「London in Puddles」
雑誌の切り抜きを組み合わせて女性の姿を作り出す「Gabi Trinkaus」
調理器具を通して投影されたアート「cast shadow strainer faces」
石をいろいろな形に変化させたアート「Stone Sculptures」
折り紙を使った虹色アート「Rainbow Origami Street Art」
posted by admin at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272308989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック