2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年05月30日

ピンホールカメラに変身したゴミ箱で撮影「Trashcam Project」

アナログテイストな写真を撮影する際に利用される、針穴を利用したピンホールカメラ。手のひらサイズで手軽に持ち運び、撮影を楽しむといった形が一般的だと思いますが、今回紹介するプロジェクト「Trashcam Project」では、海外の町中にあるゴミ箱に穴を空け作られた大きなピンホールカメラを使い、さまざまな風景の撮影を行なっています。

pinhall.jpg

pinhall2.jpg

ドイツ・ハンブルクにて、衛生設備士とカメラマンがタッグを組んで行ったプロジェクトとのこと。プロモーション用のムービーが公開されていましたので、まずは下記より御覧ください。

詳しくは以下



光の具合によって撮影時間は変わってきますが、一定の場所にしばらく置いておくことで、写真を撮影。現像された写真はどれも雰囲気のあるものに仕上がっています。町中にあるものを、風景だけでなく、それらを捉える素材自体もアートとして認識した、とてもクリエイティブな活動だと思います。撮影された写真はFlickrにて公開されていて、そちらも見応えがあります。気になる方は是非、以下サイトをチェックしてみてください。

Flickr: Trashcam Project's Photostream

German Trash Collectors Transform Dumpsters Into Giant Pinhole Cameras | Inhabitat - Sustainable Design Innovation, Eco Architecture, Green Building

関連記事
自転車に乗りながらも宙に浮かぶ人達のフォトアート「Invisible Bicycles」
水たまりの中からロンドンの風景を楽しめるフォトアート「London in Puddles」
雑誌の切り抜きを組み合わせて女性の姿を作り出す「Gabi Trinkaus」
調理器具を通して投影されたアート「cast shadow strainer faces」
posted by admin at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック