2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年06月07日

色がアラーム別に変化する「Colour Clock」

信号は赤色青色黄色。避難口は緑色といったように、色にはそれぞれに役割や意味合いがあったり、色によって何かを表現することができるもの。そんな中今回は、色を上手く使ったプロダクトデザイン「Colour Clock」をご紹介します。

dw_0601_colourclock1.jpg

時間を色によって識別でき、さらに色に合わせてメモや印を、時計板に書くことができるようになっています。

詳しくは以下

dw_0601_colorclok2.jpg

アラームを設定すると、その時間に文字盤が赤色や青色、黄色、緑色、ピンク色などに変化します。長針と短針の裏には色に反応するカラーセンサーがついており、文字盤の上に色つきのペンでマークを描くと、センサーが色に反応してアラームが鳴るようになっています。

色によって時間を把握できるのは、遠くからでも時間が分かったり、まだ時計の読めない子どもにも分かりやすいので非常に便利ですね。このデザインはコンセプトモデルなので実用化はされていませんが、もし実用化されれば、色彩が普段の生活により浸透するかもしれませんね。

Colour Clock by Shen Yuebo ≫ Yanko Design

関連記事
度数調整が自分でできるメガネ「eyejusters」
誰でもどこでも養蜂が楽しめるコンセプトモデル「Urban Beehive」
大きな荷物も運べるスクーター「CARGO SCOOTER」
チャージ量が分かるマグカップ「Battery Thermokruzhkus Mug」
posted by admin at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック