2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年06月15日

温度の違いが葉の紅葉ででわかる温度計「Leaf」

震災や原発問題によって節電の重要性が広く認識されるようになってきており、夏を目前にさまざまな節電対策を考えている方も多いはず。そんな中今回は、温度の違いが葉の紅葉ででわかる温度計「Leaf」を紹介したいと思います。

leaf_02.jpg

大阪出身のデザイナー・熊谷英之氏デザインによる、温度を色で楽しむことができる今までにない温度計となっています。

詳しくは以下

温度が20℃〜25℃ぐらいの時はグリーンの若々しい葉の色をしていますが、温度が低くなってくると焦げ茶色へ、高くなってくると黄色へと、葉の色が温度とともに変化していきます。数字で温度を示すとどうしてもかたいイメージになりがちですが、葉の色で温度を示すことで自然の優しい雰囲気が楽しめます。

この葉っぱを使って木のモチーフなどを作っておけば、さまざな四季の風景を室内で手軽に楽しむこともできるのではないでしょうか?アイデア次第で、見た目に涼しい空間を演出することもできそうです。是非今年の夏の節電対策に活用してみてください。

Leaf アッシュコンセプト【オフィシャル】 デザインプロダクトshop

関連記事
懐かしさを感じる8ビットデザインのパソコンケース「8-BIT SLEEVE ケース for MacBook Air 11」
操作方法のシンプルさを追求したデジタルカメラのコンセプトモデル「EasyGrab Camera」
ビットマップをモチーフにした「Bitboard」
メッセージボトルのようなUSBメモリー「Blank USB memory storage」
posted by admin at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック