2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年07月28日

炎が生み出される瞬間をアーティステックに描いた「Fire Time」

ハイスピードカメラで人間の肉眼では捉え切れない世界を描くアートは多々あrますが、今回紹介するのは炎が生まれる瞬間をハイスピードカメラで描いた、アート作品「Fire Time」です。

firetime.jpg

この「FreTime」は単純に、点火の瞬間を捉えたものではなく、可燃性の液体を吹き出して着火させる火吹きの瞬間を描いている作品となります。動画がVimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から



撮影は Weisscam HS-2で行われ、2000fpsで納められた映像とのことです。

もともと余り見る機会が無い火吹き。こうして炎が生まれる瞬間と音楽がかけ合わさり幻想的な印象も受ける作品となっています。

Fire Time (A Journey at 2000fps) on Vimeo

関連記事
糸を使って立体的に表現したレインボーアート「Thousands of Threads Form Vibrant Rainbows」
描かれた風景をリアルに再現したアート作品「Time-lapse Video of Historical Photograph Being Recreated by Maisie Broadhead」
街中でひたすら眠る男性の姿を写真におさめた「Beon Sleeps」
ダンボールを使って制作された小さな楽器の世界
笑顔の家々が可愛らしい温度管理システムのプロモーションビデオ nest「Nest Happy Homes」
posted by admin at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。