2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年07月29日

鉛筆の上に再現された極小のアート「The Last Elephant」

鉛筆の芯を利用して極小のアート作品として見せる作品は今までDesignworksでも「鉛筆の芯をベースにした彫刻アート「Pencil Tip Sculptures by Dalton.」」など紹介した事がありますが、今日紹介するのは同じように鉛筆の上に再現された極小のアート「The Last Elephant」です。

0ele.jpg

この作品では鉛筆の上に象が彫られており、非常に細かい部分まで再現され、その影まで再現されています。作品の詳細がいくつか公開されていましたので下記からどうぞ。

詳しくは以下

2ele.jpg

芯の脆さを考えると、ここまで詳細に作り込めるというのは凄いですね。また削るだけではなく、影が表現されているのも世界観をより作り込んでいる感じがして魅力的です。

その他にも様々な作品が公開されていて、「The Pleasure of Tiny Things: Artwork」からご覧いただくことができます。興味のある方はそちらもどうぞ。

The Pleasure of Tiny Things: The Last Elephant

関連記事
スーパーマリオがポストイットで動き出す「Mario - Post It Life」
炎が生み出される瞬間をアーティステックに描いた「Fire Time」
糸を使って立体的に表現したレインボーアート「Thousands of Threads Form Vibrant Rainbows」
描かれた風景をリアルに再現したアート作品「Time-lapse Video of Historical Photograph Being Recreated by Maisie Broadhead」
街中でひたすら眠る男性の姿を写真におさめた「Beon Sleeps」
posted by admin at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。