2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年07月30日

ビンの美しさを楽しむコンテンツ 日本ガラスびん協会「びんむすめ」

ジャムや梅酒といった加工食品など、さまざまなモノを手作りで楽しむ方が増えています。そんな中再び注目を集めているのが、保存容器として利用しやすい「ガラスびん」。今回はガラスびんの美しさを楽しむことができるコンテンツ、日本ガラスびん協会「びんむすめ」を紹介したいと思います。

bin.jpg

ガラスびん製品の利用啓発や利用情報を提供する「日本ガラスびん協会」によって運営されている、全国各地でガラスびんと共に生活する看板娘の姿を楽しめるコンテンツとなっています。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



パティスリーでプリン容器として、また果樹園でジャムやジュースを製造する際に利用されているガラスびんと、それぞれの現場で働く看板娘にフォーカス。女の子とびんの美しさを同時に楽しむことができるという着眼点が非常にユニークで、「どんな内容なんだろう?」と人々の興味をそそるコンテンツだと思います。

家庭での加工食品作りや雑貨作りにも優しい質感を与えてくれる「びん」の温かさを感じることもできそうです。現在は3名の看板娘が紹介されていますが、今後は紹介される方も増えていく様子。これからもこのコンテンツから目が離せそうにありませんね。

びんむすめプロジェクト

関連記事
心に迫る重低音を体感できるコンテンツ SONY「重低音BROTHERS meets EXTRA BASS」
オリジナルLIVEビデオを作成できるスペシャルコンテンツ KIRIN 氷結「Perfume DIGITAL LIVE」
さまざまな「はじめて」に出会える アメリカン・エキスプレス「MY GREEN PHOTO」
新しいサービスの情報をいち早く楽しめるWEBサービス「ComingSooners」
オリジナルスポーツ紙を作成できる Panasonic「号外メーカー2」
posted by admin at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283949886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック