2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年08月05日

iPhone用の拡張ストロボ「Paparazzo Light」

iPhoneには標準でフラッシュが内蔵されており、ある程度、暗い場所でも撮影することができますが、簡易的なものなので、撮影はできるはできますが、絵を作ることは非常に難しいのが現状です。今日紹介するのはiPhoneに接続する拡張ストロボ「Paparazzo Light」です。

para01.jpg

こちらは海外のマイクロパトロンプラットフォームKICKSTARTERで現在資金集めをしているガジェットになります。PR用の紹介ビデオが同サイトが公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から



3つのモードが準備されており、通常のストロボモード、常時点灯のビデオモード、露出調整モード、iPhoneからの電力供給ではなくて、別途CR123リチウム電池で動作するようになっています。ちなみに通常のiPhoneフラッシュとの違いは以下

para02.jpg

現在およそ5000ドルの出資があつまり、50,000ドルがゴールとなっています。iPhoneのフラッシュの撮り味が納得行かない人は是非どうぞ。

Paparazzo Light - for the iPhone 4, 4S, and "5" by Paparazzo Light − Kickstarter

関連記事
向こう側が透けて見える時計アプリ「Chameleon Clock」
美術館巡りが楽しくなるiPhoneアプリ「CountArt」
日当りの良い場所を探せるアプリ「Bright Light」
自分のセレクトショップを持てる「Fashion WALL」
Facebookが立ち上げた節電を可視化できるアプリ「OPOWER」


posted by admin at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Mac
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。