2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年09月12日

コンピューター部品で作られた街「Computer parts Skylines」

パソコンをはじめとした精密機器にはさまざまな部品が使われていますが、部品自体を見たことがあるという方は案外少ないのではないでしょうか?今回は、そんなコンピュータ部品で作られた街のジオラマアート「Computer parts Skylines」を紹介したいと思います。

computer_01.jpg

イタリア人アーティスト・Franco Recchia氏による、コンピューター部品に新たな命を吹き込んだ作品となっています。

詳しくは以下

computer_02.jpg

使われなくなったコンピュータ部品は基本的に廃棄処分となると思いますが、そんな部品を有効活用して、まるで大都市のような美しい街並みが再現されています。配列などを意識して整えられた精密機器ならではの基盤が、人工的に作られた都市の雰囲気をよりリアルに再現しているように思います。

実社会とコンピュータの関係性を伺えるアート作品ではないでしょうか?氏は他にもたくさんの作品を公開していますので、気になる方は是非FRANCO RECCHIA - metropolitan artistもご覧ください。

Computer parts Skylines | Recyclart

関連記事
タクトの軌跡を再現したグラフィック「The Conductor’s Gestures」
信号待ちを楽しくするストリートガジェット「STREETPONG」
ガラスのように砕け散るフラワーアート「Jon Shireman's buddy icon Broken Flowers」
ハイテクとローテクを駆使したスタイリッシュなディスプレイ「ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE GINZA WINDOW DISPLAY Behind the Scene」
街の中に出現した無数の蝶のオブジェ「the amazing butterfly installations」


posted by admin at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。