2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年09月27日

ドットで動きを再現してくれるインタラクティブアート「IRIS」

毎日さまざまなアートが発表され、インターネットで世界中のアート作品を楽しめるようになっていますが、やはり実際の作品を見て楽しむというのがアートの醍醐味ではないでしょうか?そんな中、今回紹介する「IRIS」は、画面の前に立ち自分が動くことで楽しめるアート作品です。

iris_01.gif

韓国のクリエイティブ集団「HYBE」による、画面の前で動くと画面がその動きに反応してくれる、体感型アートとなっています。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



たくさんの小さな正方形画面を連結させて一つのスクリーンを作り上げており、画面の前で繰り広げられる動きに反応してドットが表示されます。実際には画面に届く光を読み取って動いているようですが、まるで画面が自分の動きを真似しているような、不思議な感覚を体感できます。

カップルや親子でさまざまな形を作り出したりと、身体全体で楽しめるアート作品ではないでしょうか?是非実際のアートを前に体験してみたいですね。

IRIS: Interactive, Expanding Dots Mimic Your Movements
HYBE : IRIS (2012) : Interactive Media Canvas with Matrix of Transmissive Monochrome LCD

関連記事
個別支払いができる会計伝票システムのコンセプト「Go Dutch Bill」
パリとニューヨークを比較したイラストムービー「Paris vs New York – An Animated Comparison」
街の風景に溶け込む 透明人間フォトアート「Carolyn Roper Urban Camouflage Artist」
工具で奏でる音楽「Dubstep Power Tools」
6000個の電球で作られる光る雲「CLOUD: An Interactive Sculpture」
posted by admin at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294514964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック