2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年10月05日

天地が逆転するハウスオブジェ「Tombée du Ciel」

普段生活している家などをはじめとする建築物は、人々の快適な生活を考えて進化してきたものだと思います。そんな中、今回紹介する「Tombée du Ciel」は、天井と床が逆転した、今までに見たことのない、テーマパークのようなハウスオブジェです。

house_01.jpg

フランス人アーティスト・Jean-François Fourtou氏によって制作された、空から家が降ってきて地面に天井が突き刺さってしまったような、見た目のインパクトも大きなアート作品となっています。

詳しくは以下

house_02.jpg

house_03.jpg

天地が逆転しているため、玄関から入ることができないオブジェですが、実は外から鑑賞するだけではなく、窓から室内に入ることができます。天井が床面になり、テーブルが上からぶら下がっている、天井を歩くという普段生活している空間と正反対の異次元な空間を体感できます。

この家で実際に生活をすることはできませんが、重力を反転したような不思議な感覚を楽しむことができそうです。是非実際のオブジェの中を探索してみたいですね。

Jean-François Fourtou: Tombée du Ciel ≪

関連記事
スウィーツでできた自転車「Candy Bike」
朝5時の風景を各国の言語表記と共に「5 am」
ロゴマークや武器を動物の剥製で表現したアート作品「SCULPTURE/WEAPONS」
花で制作されたガンダムアート「Gundam Made of Flowers」
ビルの灯りがサウンドに合わせて動き出す「Katherine」
posted by admin at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック