2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年10月15日

マテリアルの素材感をそのまま活かしたチョコレート「Edible Surfaces」

疲れた時やブレイクタイムにはもちろん、バレンタインやプレゼント用にも人気の高いチョコレートは、世界中のショコラティエによって、さまざまな形に加工されています。そんな中今回紹介するのが、マテリアルの素材感をそのまま活かしたチョコレート「Edible Surfaces」です。

choco_01.jpg

ロンドン郊外のテキスタイルデザインスタジオ・Pinaki Studiosと、アムステルダムのショコラショップ・ Chocolatlのコラボレーションによる、リアルな布の質感を感じられるチョコレートとなっています。

詳しくは以下

choco_02.jpg

choco_03.jpg

チョコレートと聞かずに見ると本物の布と間違えてしまいそうなほど、動きのある布の雰囲気が見事に再現されており、チョコレートの硬さを全く感じさせません。さまざまなマテリアルが制作されていますが、どれも細かなディティールが見事に表現されており、まさに芸術作品。食べてしまうのがもったいないような、ずっと飾っておきたくなる作品ではないでしょうか?こんなテョコレートをもらえば、眺めているだけで幸せな気分になれそうですね。

Edible Surfaces by Pinaki Studios & Chocolatl | GBlog

関連記事
アイロンとシーツのシワで再現されたアート「The Art of Ironing」
力加減まで記憶する 習字するロボット
高度6,000メートルから写しだすクラウドフォトアート「nehmzow cloud photo production」
iPadを雑誌を組み合わたインタラクティブ広告「Lexus ES Interactive Video Print Ad」
折り紙の折りの美しさが映えるアクセサリー「Origami Jewelry」


posted by admin at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。