2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年10月15日

鉛筆の削りかすがおりなす可愛らしい世界「Pencil Shaving Art」

いつでも一定n太さで綺麗に文字が書けるシャープペンシルの進化に伴い、削る時にゴミが出てしまったり、使うたびに削る手間がかかってしまう鉛筆は、どうしても敬遠されてしまいがち。そんな中今回は、鉛筆の魅力を今一度感じることができるかもしれない、ゴミとして捨てられてしまうはずの色鉛筆の削りかすを利用して描かれたアート作品「Pencil Shaving Art」を紹介したいと思います。

pencil_01.jpg

ロンドンを拠点に活動している、子ども向けブックの制作を手がけるクリエイター・Marta Altes氏による、削りかすに新たな魅力を与えた作品となっています。

詳しくは以下

pencil_02.jpg

pencil_03.jpg

色鉛筆の削りかすそれぞれのカラーと、素朴なイラストと組み合せることで、ライオンや女性のドレス、その他にも蝶や花、サーフィンの波など、さまざまなシーンが描かれています。鉛筆削り特有のなみなみとした模様を活かすことで、イラストの中にもリアルな世界観がきちんと表現されています。

ゴミとして捨てられてしまいがちな素材を画材として利用することで、子ども達にも環境の大切さやリサイクルの考え方を伝えられるのではないでしょうか?見ているだけで優しい気持ちになれる作品だと思います。

Pencil Shaving Art

関連記事
キーボードを利用したウォールアート「Keyboard Wall Art」
マテリアルの素材感をそのまま活かしたチョコレート「Edible Surfaces」
アイロンとシーツのシワで再現されたアート「The Art of Ironing」
力加減まで記憶する 習字するロボット
高度6,000メートルから写しだすクラウドフォトアート「nehmzow cloud photo production」
posted by admin at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック