2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年11月05日

水に濡れると浮き出る壁面アート「The Charter Oak」

ニューヨークで、壁への落書きから始まったグラフィティアートをはじめとしたウォールアートは、その場所で生活する人々が手軽にアートの世界に触れられる場でもあります。今回はそんな壁面アートを、ひと味違う形で楽しめる「The Charter Oak」を紹介したいと思います。

wall_01.jpg

アメリカ合衆国北東部のコネチカット州ハートフォード市内にある壁面に描かれた、水に濡れると見ることができるウォールアートとなっています。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下

一本の大樹が描かれた壁面ですが、晴れの日にはしっかり見ることができません。水に濡れると、その部分だけが浮き出てくるという特殊な加工を壁面に施してあるので、水をかけるか、雨が降った時にだけ、その美しさを堪能することができます。

見れるシーンが限られているというのは、少しもったいない気もしますが、だからこそ、このアートを楽しめた時の感動も大きくなるのかもしれませんね。雨の日が楽しみになるアート作品だと思います。

Now You See It, Now You Don't: Rain Activated Art

関連記事
iOSデバイス用フィルム型リモートシャッター「GIZMON iCA REMOTE SHUTTER」
塗る場所が上から認識できるのり「AN-GLUE」
苔と木で作られたキーボード「Natural Keyboard Grown」
キーボードを押した感覚を味わえる機能が付与されたiPhoneカバー「Fliptype」
レトロな懐かしい雰囲気が可愛らしい卓上カレンダー 桂樹舎「 芹沢_介 卓上カレンダー2013」
優れた人物認識機能付きカメラ「Clean Shot」


posted by admin at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。