2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年11月18日

衝撃的な内容をコミカルなキャラクターを使って伝える鉄道会社のCM「Dumb Ways to Die」

アニメーションを使ってプロモーションムービーやCMを展開する場も増えており、ストーリーやキャラクター性を持たせることで、実写よりも分かりやすく、よりユーザーの心を強く掴むことができる場合も。今回はそんな方法を取り入れ、衝撃的な内容をやわらかく、しかし強く訴えている鉄道会社のCM「Dumb Ways to Die」を紹介したいと思います。

die.jpg

登場するのは、豆のような形のカラフルなキャラクターたち。一見可愛らしいアニメーションムービーですが、よく見てみると・・・まずは実際のムービーを以下よりご覧ください。

詳しくは以下



クスリを飲んで体に異変が起きてしまったり、体が燃えたり、感電して骨だけになってしまったり。なんとも酷い最後を遂げているキャラクターばかりで、最後には、電車にいろいろな形でひかれてしまうシーンでクライマックスを迎えます。この作品は、オーストラリア・メルボルンにある鉄道会社が、電車に飛び込むことがいかに馬鹿げた行動であるかを表現した広告キャンペーンで、いろいろな最後の遂げ方を見せることで、電車に飛び込むこともやってはいけないことだということをアピールしています。

アニメーションを匠に活用した、効果の高い広告だと思います。公式サイトも公開しており、ムービー内で流れている音楽はダウンロードもできますので、気になる方は是非。

Dumb Ways To Die
Dumb Ways to Die - YouTube

関連記事
あなたのペイントで電車が走る 東急電鉄「PAINT TRAIN CONTEST」
ゴールを守るトイレ トートートトト「S.G.T.K」
普段は表に出さない裏の顔を診断できる「あなたがしらない裏の顔」
47都道府県の女の子達のダンスが楽しめる「ヘッドホン女子」
posted by admin at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック