2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年12月23日

ハンバーガーの包み紙まで食べられるアイデア「Bob's Edible Packaging」

ファーストフードでハンバーガーを注文すると、大抵は包み紙にパッケージングされて手渡されます。今回は、食べ終わった後はゴミになってしまう包み紙を、なんと食べられるようにしてしまった「Bob's Edible Packaging」を今回は紹介したいと思います。

pepar.jpg

ブラジルのハンバーガーチェーンが、包み紙を無駄にしないために行った試みで、中身を開ける手間もなく、そのままガブリとハンバーガーを食べることができます。実際に食べている様子を映しだしたムービーが公開されていますので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



食用で食べられるように包み紙が加工されていて、食べている人の中には上からケチャップをかけている人も。なんとも不思議な光景ですが、すべてを消費してしまうことで廃棄をなくす環境に配慮したアイデアは、味がどんなものかが気になるところですが、是非各国のファーストフード店で取り入れて欲しいもの。一度食べてみたいですね。

Brazilian Burger Chain Offers Edible Packaging - Bob's Burgers Offers Edible Paper Wrapper - Delish.com

関連記事
バナナを忠実に再現した車「Banana Car」
音を形にして奏でるインタラクティブアート「Firewall」
インターナショナルフォトアワード2012受賞作品「2012 ipa Award Winners」
実生活とPhotoshopのレタッチ機能がコラボレート「Photoshop in Real Life」
カートもレンタルできるシェアバイクシステム「Tel-O-Porter」


posted by admin at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。