2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年12月31日

平面レイヤーを使って立体的な表現を可能にしたアート

人の顔や物体を実物に似せて立体的に表現するのは、イラストであればカラーリングを使えば可能ですが、それ以外の方法を利用するとなると難しいイメージがあります。そんな中今回は、平面の1色のカラーをレイヤーで重ねることで立体的な表現を可能にしてしまったアートを紹介したいと思います。

rei2.jpg

アーティスト・Michael Murphy氏による作品で、天井から平面アートを何層も吊るし、立体的な絵画を完成させています。

詳しくは以下

chuck2.gif

アメリカ オバマ大統領や、スティーブ・ジョブズ氏、マーク・ザッカーバーグといった世界の著名人から、ハートといったモチーフまで、種類はさまざま。中には、正面からは十字架に見えていて、周りを暗くして作品に光を当てることで、影にイラストを表現していたりと、1つの作品で2度・3度と楽しめる仕掛けが施されたものも。立体的な表現のアートの可能性をさらに広げた、見る人の心を強く惹きつける作品シリーズではないでしょうか?他の作品もチェックしたい方は以下リンク先よりどうぞ。

Michael Murphy

関連記事
揺れる木を利用してで描かれたアート作品「Tree Drawings」
自分の姿勢をチェックできるセンサーバンドと連動アプリ「LUMOback Sensor and Mobile App」
身近なものを追跡できるサービス「StickNFind」
ドットで描かれた肖像画「Benjaman Kyle’s Million Dot Drawing」
posted by admin at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック