2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年01月06日

地下鉄で扉が閉まるタイミングを視覚的に確認できる「Subway Signal Light」

地下鉄に急いで乗り込むために、扉に向かって走って飛び乗ったという経験をしたことがある方もいらっしゃるかと思います。実際飛び乗ること自体危ないため、行動としては起こさない形がベストですが、閉まるタイミングがもっとわかりやすければ、飛び乗るという状況を防ぐことができるかもしれません。今回はそんなシーンに是非取り入れたい「Subway Signal Light」を紹介したいと思います。

subway1.jpg

地下鉄の鉄道の扉両サイドに取り付け、ライトの色で扉が閉まるまでのタイミングを、視覚的に確認することができるようになっています。

詳しくは以下

subway2.jpg

ライトが青い時は扉がまだ開いている状態(GO)、黄色い時は間もなく閉まる(HURRY UP)、赤い時は扉が閉まる(STOP)というように、信号と同じような色で警告をしてくれるようになっています。これなら、地下鉄での警告音と合わせて、扉が閉まるタイミングをよりわかりやすく確認できるので、扉での事故をより多く防ぐことができるのではないでしょうか。現在はコンセプトモデルとして発表されているため、是非今後実用化していって欲しいですね。

Subway Signal Light

関連記事
iphoneの画面や音を大きくしてくれる「Mini Cinema For iPhone 4/4S」
レゴで制作された巨大ゲーム機用コントローラー「Giant Functional LEGO NES Controller」
ライカのレンズをモチーフにしたマグカップ「Leica lens mugs」
ホッチキスの芯のように簡単に取り付け可能なボタン「Pin Button」
posted by admin at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック