2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年01月28日

コルクのボディを持ったロボット「corkers robots」

ワインボトルなどのふたに利用されるコルク栓。ほとんどの場合、飲み終わった後は捨ててしまうことが多いはず。今回はそんな捨てられてしまう運命のコルクに命を吹き込んだ「corkers robots」を紹介したいと思います。

corcerobot1.jpg

コルクをボディに見立て、ボディに顔や手や足などのパーツを取り付けるだけで、まるで小人のように可愛らしいコルクロボットが誕生。種類もさまざまなタイプが展開されています。

詳しくは以下

「corkers robots」は最初から形成されているのではなく、ワインボトルにパーツのみが付録としてつけられていて、栓を空けて不要になったコルクに自身でパーツを取り付けて作る形式となっている様子。背中にねじ巻きを付けたアナログチックなタイプ、頭とボディのコルクが別々になったタイプ、頭にプロペラを付けたタイプなど、素材となっているコルクは同じでも、それぞれに個性や独自の表情が吹きこまれています。廃棄される素材を無駄にしないアイデアとしても、是非参考にしたいですね。

Oops...

関連記事
コルクのボディを持ったロボット「corkers robots」
木で作られた街の風景「Scrap Wood Cityscapes」
おとぎ話のような世界を切り絵で表現したアート
ルイヴィトンのトランクの歴史をプロジェクションマッピングで表現「Louis Vuitton Presents Retracing the Trunk」
動物の形が印象的な建築「Animal Architecture」
さまざまなカタチが表現されたミュージックビデオ トクマルシューゴ「Katachi」
posted by admin at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316647594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック