2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年01月28日

カップに蝶がとまっている風景を演出できるティーパック「Blooming tea」

紅茶のティーパックには、片方に茶葉、もう片方に紙などで作られた持ち手部分がつけられていて、通常はカップに入れてお湯を注いだら、持ち手部分は外に垂らしておく形になると思いますが、今回は新しい発想で、紅茶ができあがるまでを楽しむことができる「Blooming tea」を紹介したいと思います。

bloomingtea.jpg

持ち手部分に蝶のモチーフがつけられており、カップのふちに置いておくことができ、まるで蝶がカップにとまっているような風景を演出することができます。

詳しくは以下

真ん中に切り込みが入れられており、カップのふちに引っ掛けるように添えるだけ。これなら紅茶が出るのを待っている間も、有意義な時間を過ごすことができそうです。1つ1つがパッケージに入れられているので、贈り物としてもオススメ。

モチーフも、蝶だけでなくさまざまなバリエーションで展開できるのではないでしょうか。コンセプトモデルとして発表されているので、まだ実用化はされていないそうですが、是非一度使ってみたいですね。

Blooming Tea by Yena Lee ≫ Yanko Design

関連記事
太陽の目玉焼きが作られる簡単キッチンツール「sunnyside」
コーヒー・紅茶好きにおすすめな モレスキンパッションコレクション
磁力の力でテーブルの高さを変更できる「Magnetic Table」
時間になると点滅するピン「It's time to read me」
posted by admin at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック