2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年01月30日

描いたすぐ後には消えてしまうアート作品

世界中には、ナスカの地上絵や洞窟内に描かれた壁画など、地球の自然をキャンバスに描かれた画が多く存在しており、長い歴史の中で消えることなく、現在も貴重な文化遺産として保存されています。しかし今回紹介するのは、描いたすぐ後には消えてしまう砂のアートです。

art_01.jpg

オンラインデジタルシネマ「LIGHT COLOUR SOUND」から公開中の、Tony Plant氏によって制作された砂浜をキャンバスに描かれた作品となっています。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記より実際のムービー作品をご覧ください。

詳しくは以下

RUARRI JOSEPH :: Till The Luck Runs Dry from LIGHT COLOUR SOUND on Vimeo.



岩間の砂浜に降り立った氏がおもむろに線を描き出します。幾何学的な円で構成された模様が次々と完成していき、時間とともに砂浜全体に描かれていきますが、同時に潮が満ちてくると描いた作品がどんどん波にさらわれていってしまいます。

描いても必ず消えてしまうという儚さを感じながらも、全霊で描き上げられた作品の力強さを美しさを感じられるように感じられますね。

Environmental Sand Art – Fubizトレードマーク(TM)
Welcome to Light Colour Sound | Online Digital Cinema specialising in Storyboarding - Motion Control Timelapse - Extreme Sports - Steadicam - Digital Animation

関連記事
街の風景に調和する公共施設「Public Space」
どんなキャラクターよりも愛着が湧くPEZディスペンサー「3D-printed pez dispensers of your own face」
プールにピンポン玉を敷き詰めプロジェクションマッピング「Pool Party」
空飛ぶ赤ちゃんの姿を捉えた写真集「Flying Henry」
posted by admin at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317068686
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック