2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年01月31日

自宅で働くのが楽しくなるワークスペース「Vintage Bus Becomes Rad Home Office」

ノマドワーキングという働き方が注目されるようになり、会社に勤めず、自宅やコワーキングスペースを利用して自分のペースで仕事を進めているという方が増えています。しかし自由が故に、仕事にメリハリを付けるのが難しいという一面も。そんな状況にぴったり?自宅で働くのが楽しくなるワークスペース「Vintage Bus Becomes Rad Home Office」です。

bus_01.jpg

廃車になったバスを利用して、自宅の一部に快適なワークスペースが誕生しています。

詳しくは以下

bus_02.jpg

廃車になったバスのフロント部分を切り取ることで、簡単に半個室が完成しています。フロントガラスが大きいので、小さな個室でも開放感を感じられるはず。

ワイパーやミラーもそのままついていたり、ライトが光ったりという粋な演出が、よりこのワークスペースを楽しい空間にしてくれているのではないでしょうか?フリーランスとしての活動を考えている方、また仕事の環境を変えてみたいと考えている方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Hungary For History: Vintage Bus Becomes Rad Home Office | Designs & Ideas on Dornob

関連記事
Macintoshの広告を再現したレゴ「LEGO version of the original macintosh」
描いたすぐ後には消えてしまうアート作品
街の風景に調和する公共施設「Public Space」
どんなキャラクターよりも愛着が湧くPEZディスペンサー「3D-printed pez dispensers of your own face」
posted by admin at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック