2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年02月22日

クレジットカードの請求封筒で作られた家のオブジェ

アートの材料として利用されるものは、身の回りにたくさん存在しており、そこから思いもよらない作品が生まれることも。そんな中今回紹介するのは、クレジットカードの請求封筒で作られた家のオブジェです。

peparhouse.jpg

Jeremiah Johnson's氏によって手がけられた、未開封のクレジットカード請求の封筒をたくさん集めパーツとして利用、立派な家の形を見事に作り出しています。

詳しくは以下

作りとしてはとてもシンプルですが、窓や階段、屋根など、重要なパーツがしっかりときれいに形成されているのが分かります。また、封筒自体のデザインにさまざまなバリエーションがあるため、作品それぞれに表情が生まれています。組立には、テープと接着剤が使われているのだそうです。

未開封の封筒を利用するという発想自体もユニークで面白いですね。家の構造を変えれば、非常にたくさんのバリエーションを作り出すことができそうです。他の作品も気になる方は、下記サイトよりチェックしてみてください。

Junkculture: Artist Builds Houses out of Credit Card Applications

関連記事
ランチタイムが楽しみになるイラストアート「Sandwich Art」
ファミコン時代のピクセルで描かれたイラスムービーポスター「8-Bit Movie Posters」
飼い主とペットのポートレート写真集「Your PET and YOU」
持ち運びにも便利なポータブルドラムのコンセプトアイデア「Y-Drum」
画面解像度の歴史を紐解きながら、物理的に表現するプロジェクト「Graphic Arrays」
posted by admin at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック