2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年02月27日

食べることができる盆栽「garden-bonsai」

日本の伝統的な趣味の一つに盆栽がありますが、広い庭のある家も少ない今の日本では、じっくり盆栽を楽しむ機会というのも減ってきているかもしれません。そんなシーンでも楽しむことができる、食べることができる盆栽「garden-bonsai」を今回は紹介したいと思います。

bonsai_02.jpg

多摩美術大学油画科に在籍するアーティスト・平井理沙氏によってクッキーで制作された、斬新な盆栽となっています。

詳しくは以下

bonsai_01.jpg

bonsai_03.jpg

画材の材料として使われいてるのは、砂糖、小麦粉、卵、そして枠組みを作る木となっており、描かれている部分は全て食べられる材料で作られているそうです。アイシングを利用して、草木の繊細な様子が見事に再現されており、まるで本物の庭のような雰囲気。他にもすき焼きを囲む食卓が再現された作品も制作しており、日本の日常の風景をクッキーで楽しめます。

この作品は、2013年3月11日(月)〜3月16日(土)の期間中、ギャルリー東京ユマニテ(東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F)にて、公開されるそうなので、興味のある方は是非会場で実際の作品を楽しんでみてください。

【展示会情報】
会場:ギャルリー東京ユマニテ
会期:2013年3月11日(月)〜3月16日(土)
住所:東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F
JR東京駅八重洲口から徒歩8分

The edible art of Risa Hirai | Spoon & Tamago
CONTACT US :: ギャルリー東京ユマニテ / Galerie Tokyo Humanité

関連記事
アルファベットを描けるアナログコンピューター「cardboard computers and plotter」
アルファベットを描けるアナログコンピューター「cardboard computers and plotter」プリンのフタ裏から連想するアート「The Pictures in the Pudding Lids」
宝石のかけらで描かれた世界地図型ステンドグラス
布の動きと連動して展開するインタラクティブアート「An Open Source Textile Interface」
200kcalはどれぐらい?を食物の量で表現したフォトアート
posted by admin at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。