2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年02月28日

いくことが楽しくなる病院のプレイルーム「Woodland Wiggle」

待ち時間の長い病院に子どもを連れていった時、飽きてしまった子どもが騒ぎ出したりと、大変な思いをされている方も多いと思います。そんな中今回紹介するのが、行くことが楽しくなる病院のプレイルーム「Woodland Wiggle」です。

woodland_01.jpg

イギリス人アーティスト・Chris O’Shea氏によって制作された、夢のあるインスタレーション空間となっています。プロモーションムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



病院の待合室に現れたの巨人の部屋のような空間。自然な雰囲気の木目とカラフルな配色が、その空間にいるだけでも楽しい気分にさせてくれます。ソフトボックスなどのおもちゃをはじめ、デジタルを利用してさまざまな展開が楽しめるインスタレーションアートが設置してあり、子ども達は夢中になって遊んでいるうちに、待ち時間があっという間にすぎてしまいそう。

こんな明るく可愛らしい空間があれば、大人も子どもも、病院に行くことが楽しみになりそうですね。待ち時間の長い総合病院などで是非取り入れて欲しいアイデアだと思います。氏は他にもさまざまなアート作品を公開していますので、気になる方は是非Chris O'Sheaもチェックしてみてください。

New Hospital Playroom Shows Healing Power of Art and Play - My Modern Metropolis

関連記事
食べることができる盆栽「garden-bonsai」
アルファベットを描けるアナログコンピューター「cardboard computers and plotter」
アルファベットを描けるアナログコンピューター「cardboard computers and plotter」プリンのフタ裏から連想するアート「The Pictures in the Pudding Lids」
宝石のかけらで描かれた世界地図型ステンドグラス
布の動きと連動して展開するインタラクティブアート「An Open Source Textile Interface」
posted by admin at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック