2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年03月06日

東北地方のデザインと質にこだわったアイテムが並ぶ「復興デザインマルシェ」

東日本大震災の発生から2年が経とうとしていますが、被災地では未だに復興の目処がたたない地域もあるなど、多くの困難を抱えながら生活をしていらっしゃいます。そんな中今回は、東日本大震災被災地の経済と産業の復興を支援する、東北地方のデザインと質にこだわったアイテムが並ぶ「復興デザインマルシェ」を紹介したいと思います。

fukko.jpg

「Area Aid Design Project(エリアエイドデザインプロジェクト)-JDP東北茨城デザインプロモーション-」の一環として行われる展示会となっており、2013年3月10日(日)、11日(月)の2日間、東京ミッドタウン ガレリアB1F アトリウムにて開催される、東北地方のものづくりに触れられるマルシェとなっています。

詳しくは以下

材料からこだわった漆器、地元の杉を使って作られた食器やおもちゃなど、東北と茨城で昔から作られている伝統工芸品をはじめ、土地のものを活かして制作された様々アイテムが並びます。デザインや質の良さを基準に出店店舗が選ばれているので、会場全体からクリエイティブの力強さを感じることができそうです。

東北の復興支援に役立ちたいとお思いの方はもちろん、今まで出会ったことのない新しいアイテムとの出会いを探している方にもおすすめです。是非この週末にクリエイティブの目を養ってみてはいかがでしょうか?

【基本情報】
会 期:2013年3月10日(日)、11日(月) 11:00-19:00 ※入場無料
会 場:東京ミッドタウン ガレリア B1F アトリウム
主 催:公益財団法人日本デザイン振興会
協 力:地方独立行政法人岩手県工業技術センター
特別協力:東京ミッドタウン

復興デザインマルシェ

関連記事
新しい箱の構造を提案する展示会「造る箱」
多様な映像の世界を学べる 東京ミッドタウン・デザインハブ第38回企画展「テクネ 映像の教室」展
あの伝説の育成ゲームが海外発でAndroidアプリに「Tamagotchi L.i.f.e.」
大人も子どもも楽しめる 21_21 DESIGN SIGHT 企画展「デザインあ展」
日本の新しいお土産のカタチをデザイン「創作―ニッポンのお土産」展
posted by admin at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック