2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年03月11日

いつでもそこに佇んでいてくれる美しいワイヤーアート「Iwire mesh birds」

少しずつ春の気配を感じられ、春告げ鳥のさえずりを聞くのを楽しみにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな鳥の訪れをいつでも楽しめる、美しいワイヤーアート「wire mesh birds」を紹介したいと思います。

wirebird_01.jpg

フランス人アーティスト・Cédric Le Borgne氏によって制作された、ワイヤーで型どられた鳥の繊細な美しさが印象的な作品です。

詳しくは以下

wirebird_02.jpg

毎年スイスのジュネーブで開催されている「2012 Festival Arbres en Lumière」に出展された作品で、金網ワイヤーで一つ一つの鳥が制作されています。金属の冷たさや固さを感じそうな金網を使いながらも、作品全体から繊細な優しさを感じられ、夜光に照らされることでその繊細さがより鮮明に浮かび上がってきます。

この鳥が木々に佇むことで、鳥の少ない季節にも動物のいる温かな風景を楽しめそうですね。動物と金属という相反するものを組み合せて作り上げられた美しい作品だと思います。

Illuminated Wire Bird Sculptures Perched on Trees - My Modern Metropolis

関連記事
再生可能エネルギーを視覚化したアート作品「Renewable Energy」
インクをドロップして描かれたアート「Water ink」
インクをドロップして描かれたアート「Water ink」
クリームなしのOREOを作り出すマシーン「OREO」
さまざまな種類のスポンジで表現された地図「Sponge Maps」
ドラマや映画の中の間取りが楽しめるドローイング作品「Detailed Floor Plan Drawings of Popular TV and Film Homes」


posted by admin at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。