2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年03月17日

地下鉄にバーチャル図書館が出現「The Underground Library」

スマートフォンやタブレット端末から、手軽に本を読むことができる電子書籍が普及したこともあり、図書館などのリアルな本がある場所に足を運ぶ機会は少なくなってきています。今回はそんな状況を解消するために考案されたサービス「The Underground Library」を紹介したいと思います。

trainbook.jpg

マイアミにある広告学校による、地下鉄の広告枠を使って図書館に足を運んでもらうきっかけを作り出すアイデアとなっています。内容を紹介したムービーが公開されていますので、まずは以下よりご覧ください。

動画は以下より

The Underground Library from Keri Tan on Vimeo.



地下鉄の中にずらっと張り巡らされている広告枠の一角が本棚に並ぶ本のビジュアルになっており、書籍のタイトル部分をスマートフォンでスキャンすることで、その本の冒頭数ページが閲覧できるようになります。数ページを読み終わると、図書館へユーザーを誘導するきっかけとなる、本を借りることができる図書館の案内が表示されます。

若者の本離れが進む現代の最新技術を使って、既存の利用を促したいものに注目させるアイデアはとても素晴らしいですね。今回は図書館をテーマとしていましたが、組み合わせとアイデア次第で、他のシチュエーションでも今後活用できるかもしれません。

The Underground Library

関連記事
お札を組み合わせて別の肖像画を作り出す「folded money portraits」
朝食プレートでアートを「Amazing Instagram Breakfast Art」
カラーを利用した美しい切り絵アート「Paper Landscape Illustrated」
空気から水を作る看板 UTEC「Potable Water Generator」
同じタイミングで2つのアングルから人を撮影「Tokyo Tokyo」


posted by admin at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。