2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年03月27日

鏡に映ると本来の姿が見える立体アート作品「Anamorphic Sculptures」

自分の顔を自分で見るためには絶対的に鏡が必要になりますが、じつはその鏡もきちんと本来の姿を写し出しているか不明瞭な部分を秘めています。今回はそんな鏡の不明瞭さを逆手に取って楽しめる立体アート作品「Anamorphic Sculptures」を紹介したいと思います。

mirror_01.jpg

ロンドンを拠点に活動するアーティスト・Jonty Hurwitz氏によって制作された、円柱型のミラーに写し出すことで、本来の姿が見えてくるユニークなアート作品となっています。実際に作品を鑑賞しているムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下



大きな円を描いているような不思議な立体造形ですが、中心部分に置いてあるミラーを見ると、カエルや人の手の美しい形を鑑賞することができます。見たものをそのまま写し出してくれる鏡ですが、実は写実がとても不安定なものだということを認識させてくれる作品ではないでしょうか?氏は他にもさまざまな作品を公開していますので、気になる方は是非Jonty Hurwitzもチェックしてみてください。

Anamorphic Sculptures

関連記事
5000個の口紅で作られた口紅「giant lipstick」
石でできた巨大キーボード「Giant Keyboard Installation」
さまざまな食べ物で構成されたドレス
ワイヤーを使って描かれた絵画「Metal Wire Art」
100年経った時の物の姿を再現「100 YEARS LATER - "それ"の100年後を想像してみる -」
posted by admin at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353019310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック