2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2013年04月22日

壁面に飾られたイラスト上でゲームを楽しむ!?「for(){}」

プロジェクションマッピングという言葉も一般化してきており、イベントなどでの公開を楽しみにしているという方も増えているのではないでしょうか?そんな中今回紹介するのが、壁面に飾られたイラスト上でゲームを楽しむ!?「for(){}」です。

mapped_01.jpg

プロジェクションマッピングと同じように、壁面に飾られているイラスト上にゲーム画面を投影して、イラストと連動したゲームを楽しむことができます。まずは下記よりプロモーションムービーをご覧ください。

ムービーは以下より



クリエイターとして活躍するBrent Watanabe氏によって制作されたマッピングシステムとなっており、投影したゲームのキャラクターが、壁面に飾られているイラストに合わせて動き回ります。投影されている画像と、現実の世界に飾られているイラストが連動するので、リアルとバーチャルの空間が曖昧になり、よりゲームの世界へと入り込ませてくれるようにも感じます。

このようなバーチャルとリアルが繋がったようなシステムは、今後さらに増えてくるのではないでしょうか?映画の世界でしか楽しめなかったバーチャルリアリティが、さらに身近に感じられる作品だと思います。

for(){}; - Mapped video game on canvas

関連記事
持ち主の危険を感知するとSOSを発信するブレスレット「Natalia」
ダンボールでできたiPhoneケース「iPhone PAPER JACKET」
デスクの上をスマートに整理 さらに使いやすく「Desk rail」
ファッション感覚でつけられる 地下鉄マップブレスレット
指に乗るほど小さなサイズの動物手編みミニチュアドール


posted by admin at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。