2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年03月19日

街頭で見かけた書体のデータベース「街でみかけた書体 」

現在は活動を休止しているようなのですが、街頭で見つけた書体を、解説、紹介してくれていたブログです。ブログ名の「街でみかけた書体 」の通り、ほぼ東京全域で地域分けされていて、看板から書籍、広告にいたるまでありとあらゆる媒体で気になる書体について紹介されています。

machidemikaketa.jpg

詳しくは以下

本当にありとあらゆる書体を網羅したと言う感じがします。それにしてもすごいフォントの知識です。自分もデザインの現場にいますが、知らない書体もちらほらとあり勉強になりました。意外と知らない東京近郊のJRで使われているフォントも紹介されていました。

ekigona.jpg
ゴナか否か

こうして見ると世の中には色々な書体が溢れていて、全てではないにしろ、その書体にしている理由や必然性みたいな物があるのだなと思わされます。そして基本今手元にある書体だけしか視野に入れれない環境だからかもしれませんが、自分の書体に対する知識の少なさが露呈しました。

街でみかけた書体

関連記事
人類の進化を描いた「Human_TimeLine」
大量の資源やモノで描かれるアート「Running the Numbers」
カップの中のクリエイティブ「デザインカプチーノ」
おりがみで超リアルなアート「Coolest Paper Art Gallery」
自分の顔の写真を撮り続けるプロジェクト「8 years of JK's Daily Photo Project」

タグ:書体 font
posted by admin at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36361500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

街頭で見かけた書体のデータベース「街でみかけた書体 」
Excerpt: >ブログ名の「街でみかけた書体 」の通り、ほぼ東京全域で地域分けされていて、看板から書籍、広告にいたるまでありとあらゆる媒体で気になる書体について紹介されています。 http://d..
Weblog: NEDIA
Tracked: 2007-03-19 19:43