2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年03月31日

WEB2.0時代の新名刺「MiniCards」

ニューヨーク発Web2.0時代の新しい名刺としてブロガーを中心として人気を集めているのが、新興企業のMOOが発売している「MiniCards」です。従来の名刺サイズ、縦55mm×横91mmとちがって縦28mm×横70mmの横長の長方形となっています。このカードは数世紀にわたって利用されてきた名刺に新たな意味を加え、Web 2.0時代を生きる人たちの「さりげない交流の手段」に変えようとしているらしい。

moomeishi.jpg

サイズが小さいので、通常の名刺を22枚作成できる大きさの用紙で、「MiniCards」なら52枚作成可能でコストパフォーマンスもすぐれています。

詳しくは以下

なぜWEB2.0時代の名刺と呼ばれているかと言うと、「Flickr」「Second Life」「Fotolog」「Bebo」「Habbo Hotel」など、オンラインコミュニティーのサービスの利用者の間で、自己紹介に適したツールとして広がってきたのが由縁らしい。

このカードが発売された2006年9月当時、購入できるのはFlickrのユーザーに限られていたそうですが現在は様々なサ−ビスと連動して制作が可能です。ユーザーはこのカードを100枚入りのセット(価格は20ドル)単位で購入すると、1セットにつき100種類の異なる印刷用画像をアップロードできそうです。なので、100枚とも名刺が違うデザインなんて事も20ドルで出来ると言う事です。現在世界中で注目されていて、毎週大量のカードを世界の120カ国に向けて出荷しているとのことです。

100枚別々のデザインが出来ると言う事で、多彩な種類のMiniCardsが存在し、芸術的でそれを集めたプールもFlickr上にあり、多彩な「MiniCards」を見る事が出来ます。

発注はMooのページからでき、英語ですが図説付きで紹介されていますのでわかりやすいと思います。今度発注も兼ねてレポートしてみようかと思います。

Moo

via CNETJapan

参考にしたブログやサイト
mooから注文したMiniCardsが届いたよ、mooいろんな意味ですげえ!
Flickrの写真を利用して100枚全部違う写真を使った名刺を作成できるmoo-Going My Way
Moo、あなたの名刺をFlickr化に!
Moo MiniCards 到着

関連記事
丸くなって船を避けてくれる橋「Rolling Bridge」
こんな納豆の容器なら価格10%UPも許せる
工事現場看板、オジギビトが見れるサイト集
一つのカタログが出来るまでのプロセス-JOURNALSTANDARD
街中をクリエイティブに染めるゴミ袋
あの純金名刺が発注できる「三菱マテリアル」
posted by admin at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名刺の新しいカタチ、名刺2.0?
Excerpt: 「Web2.0時代の名刺」と巷で話題の新しいスタイルの名刺を紹介します。
Weblog: むすびブログ
Tracked: 2007-03-31 18:16

Web 2.0時代の新しい名刺ミニカード MOO
Excerpt:  海外のサイトをネットサーフィンをしていたら面白い物を発見しました。...
Weblog: OSAMU2.0 LOG 虎ノ門で働く社長のブログ(病院検索・歯科検索ホスピタJP運営)
Tracked: 2007-03-31 23:03