2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年04月02日

第5回東京インタラクティブ・アド・アワード受賞作品発表

東京インタラクティブ・アド・アワードの受賞作品が発表されました。応募総数は455点の中から、グランプリの他、アド部門・フローティング広告の株式会社クレハ「wrap it」など、金賞9点、銀賞10点、銅賞14点、入賞39点が閲覧可能となっています。今年のグランプリはインテグレーテッドキャンペーン部門から「Nike Cosplay」が受賞しました。

nikecosplay.jpg
Nike Cosplay公式ページ

インテグレーテッドキャンペーン部門とは他メディアと統合されたプロモーション全体のクリエイティビティを評価する部門で、公式のサイトでは、各媒体のWEB展開とキャンペーンフローを見る事が出来ます。

詳しくは以下

Nike Cosplayのグランプリ受賞に当たって東京インタラクティブ・アド・アワードの公式アナウンスでは「今回グランプリに輝いた、ナイキジャパンの「Nike Cosplay」は、YouTubeで公開されたCMが大変な話題になりました。さまざまなメディアと連動して、インターネットというバーチャルな世界からリアルな場に広がっていく、日本で最初の本格的なバイラルプロモーションだったと思います。」とコメントしています。


Nike Cosplay YouTube広告

また今年の傾向として、二つの特徴をあげていて「ひとつ目は、生活者コンテンツの作品がより一層主流になったことです。インタラクティブ広告の発信者側と生活者がブランドを共有する感覚を持つ時代に来ていると感じます。ふたつ目には、バーチャルとリアルのクロスメディアを目指した作品が、とても印象的だったことが挙げられます。」としています。

第5回東京インタラクティブ・アド・アワード結果発表のページ
ではその他の全部門、全入賞作品が閲覧できるようになっていて、大変見応えがあります。ちなみに過去のグランプリは「コチラ」から閲覧可能です。

東京インタラクティブ・アド・アワード

関連記事
WEB2.0時代の新名刺「MiniCards」
丸くなって船を避けてくれる橋「Rolling Bridge」
こんな納豆の容器なら価格10%UPも許せる
工事現場看板、オジギビトが見れるサイト集
一つのカタログが出来るまでのプロセス-JOURNALSTANDARD
街中をクリエイティブに染めるゴミ袋
posted by admin at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック