2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年04月08日

東京ミッドタウン第一回企画展は「チョコレート」

オープンから話題を呼んでいる東京の新名所「東京ミッドダウン」。その施設内に設立された「21_21 DESIGN SIGHT」というアートスペースで第一回企画展として開催されるのが、深澤直人がディレクションを担当する「チョコレート」。

choco.gif

甘く、そして誰もが親しみをもつこのテーマで、映像、写真、立体など、多彩な展示がくりひろげられます。

詳細は以下

(以下サイトより引用)
21_21 DESIGN SIGHT」。そこはデザインを通して世界を見る場所です。ミュージアムというよりもデザインのためのリサーチセンターであり、デザインについて考える場所であり、ものづくりの現場です。デザイナーをはじめ、企業、職人やエンジニア、一般ユーザーといったデザインを取り巻くあらゆる人々と意見を交換し、デザインへの関心と理解をムーブメントとして育てていくことを目指しています。


21_21.gif

今回の企画展のディレクションをつとめるのは、「au/KDDI・INFOBAR」「無印良品・壁掛け式CDプレーヤー」、ディレクターとして家電雑貨ブランド「±0」を手がけている深澤直人氏。彼が中心となり、チョコレートをテーマとしたアートの世界が展開されています。普段から身近な存在であるチョコレートという存在をいかに個性的に表現するのかが見所。

参加アーティストもとても豪華。
深澤直人をはじめ、ABANE de ZUCCa、エドツワキ、植原亮輔+渡邉良重(D-BROS)、三宅一生+山本幸子 (ISSEY MIYAKE Inc.)、皆川明などが参加しています。

東京のアート発信地の新しい場所としてこれからとても期待されます。是非企画展のぞいてみたいと思います。

【詳細】
開催:2007年4月27日(金)〜7月29日(日)
時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
休日:火曜日(但し、5月1日の火曜日は開館)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
前売り料金: 一般900円、大学生700円、中高生400円(税込)

東京ミッドタウン
21_21 DESIGN SIGHT

関連記事
「コクヨデザインアワード2007」開催
地下鉄がおもしろくなる「東京メトロこども大学」
世界中のドアの写真が閲覧できる「the doors」
第5回東京インタラクティブ・アド・アワード受賞作品発表
WEB2.0時代の新名刺「MiniCards」
丸くなって船を避けてくれる橋「Rolling Bridge」
posted by admin at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック