2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年04月11日

プレスリリースポータルサイト「PR TIMES」

プレスリリースとは企業などの組織体が対外的に発表する広報のことで、一般的にメディア等はこれを受けて情報をリリースしています。今回紹介する企業とメディアをつなぐリリースポータルサイト「PR TIMES」はメディア側はリリースを受けるために、企業側は配信するために利用でき、それだけは無く、リリースをメール・FAXで配信する機能や、記者発表会の告知、出欠席の受付管理、クリッピング管理、パブリシティの広告換算額の算出など、広報活動に関する一連の業務を実現する多彩なPRサービスが売りのポータルサイトです。

prtime.jpg

現在会員登録は、企業メディアに限られていて個人は登録不可となっていますが、サイトに掲載されているリリースやニュースに限っては個人でも閲覧できます。

詳しくは以下

メディアの利用は無料で、企業の利用料金はリリース登録のみ無料で、リリース1配信につき3万1500円、または各種機能使い放題で月額8万4000円となっています。

上記で記した通り、サイト上に掲載されているリリースについては個人でも閲覧可能なのでネタ探しや情報収集に役立ちそうです。リリースはジャンルでカテゴリー分けされていて、IT・通信[エンタープライズ]、IT・通信[コンシューマ]、流通、芸能、スポーツ、映画・音楽等23個のカテゴリーに分けられていて、それぞれ閲覧する事が可能です。

例えば映画・音楽のカテゴリーのプレスリリースには「株式会社インデックス・ホールディングス-日活、タツノコプロの人気アニメーション『ヤッターマン』と『科学忍者隊ガッチャマン』の実写映画化決定」や「ヤフー株式会社 -グランプリ受賞者はメジャーデビュー!「Yahoo!ミュージック」が新人発掘オーディションを開催〜あなたの一票が未来のビッグアーティストを決める!〜」などが掲載されていました。

掲載されるタイミングにもよりますが、個人ブロガーにとってもリリースが一堂に集まるポータルサイトですので情報収集には役立ちそうです。個人のブログでもメディア登録できれば言う事無いのですがそういうわけにはいかないようです。

PR TIMES

via CNETJapan

関連記事
ロゴ・マークのepsデータがダウンロードできる「TM-R」
オリジナル紙飛行機を使ってどこまで飛ぶかを競うゲーム
はてなのアルファクリッパーがわかる「Hatena Bookmarker Ranking」
世界中の人と落書きできるサイト「drawball」
フリーテクスチャがダウンロードできる「CGTextures」
様々なWEBサービスを一つにまとめる「Plnet」
ブロガー向けプロフィ−ル作成サービス「iddy」
posted by admin at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック