2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年05月08日

音楽の祭典 「野外夏フェス07」

毎年多くの観客動員を集め、夏のライブの定番となっている野外夏フェス。今年もその季節が近付いてきました。国内外からたくさんのアーティストが集結し、野外というお祭り的な環境から、凄まじい盛り上がりを見せる夏フェスは年々進化しつづけています。グッズであるTシャツのコンペを行ったり、クリエイティブディレクターがアートプロデュースをしたりと、クリエイティブ要素も強くなってきています。

fes01.jpg

さて、今年の夏フェスはどんなものになっているのでしょうか?現段階で決定している情報をまとめてみました。

詳細は以下

「FUJI ROCK FESTIVAL07」

fes02.jpg

開催日:7/27〜7/29
開催地:新潟県湯沢町苗場スキー場
チケット:発売中
音楽と自然を自由に楽しみ、会場にいる人々みんなで作り上げていくことをモットーとしたフェス。毎年国内外より有名アーティストが集結するビックイベント。1997年より毎年開催。


「SOMMER SONIC07」

fes03.jpg

開催日:8/11・8/12
開催地:東京/幕張メッセ・千葉マリンスタジアム
大阪/舞洲サマーソニック大阪特設会場
国内初の東京・大阪と、日本の2大都市での同時開催&出演アーティストを総入替、という画期的なフェス形式を取り入れた。サマーソニック01では、ベック、マリリン・マンソンが出演し10万人以上を動員。その年開催されたフェスティバルの中で、最高動員数を記録した。


「ROCK IN JAPAN FES.07」

fes04.jpg

開催日:8/3〜5
開催地:国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
チケット:5/17詳細発表
国内アーティストオンリーフェスとしては最大級。毎年観客動員数は増え、チケットは毎年のように完売。サイドステージにはお笑い芸人やDJが出演するなど、多くのイベントが存在する。


「ap bank fes.07」

fes06.jpg

開催日:7/14〜16
開催地:つま恋 (ライブエリア:多目的広場 /フードエリア:スポーツ広場、第2多目的広場/その他)
チケット:先攻予約受付中
BankBandを中心とした国内アーティストが出演するフェス。アートディレクターの森本千絵がグラフィックを手がけている。今年でまだ3年目だが、すでに人気のフェスで、チケットの競争率は高くなってきている。


「RISING SUN ROCK FESTIVAL07」

fes05.jpg

開催日:8/17・18
開催地:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
チケット:先攻予約受付中
国内外よりアーティストが集結。また、出演バンドオーディションなど一般の人の参加も可能で、これからデビューするアーティストのライブを初めて目撃することになるかもしれない。


管理人もサマソニに参加経験がありますが、お客さんの雰囲気のせいかあまり知らないアーティストが演奏していても、とても盛り上がれます。もちろん好きなアーティストや人気アーティストの時はすごい盛り上がり様ですが。野外フェスはアーティストを見る事以外にも、お祭り的な楽しさや、フードエリアでのランチタイム、オリジナルグッズなどたくさんの楽しみがあります。キャンプできる会場も存在するので、思う存分夏フェスを楽しみたい方は、テントを張ってアウトドアな気分を隅から隅まで堪能してみては?各サイトでは情報が随時更新されるようなので、マメにチェックしてみてください。

関連記事
横浜中華街で人気の「パンダまん」って?
東京ミッドタウンで初の広告ジャック
アンドナンドのオープンで注目されるドーナツ事業
Adobe、CS3日本語版が正式発表
Adobe、Creative Suite 3日本語版の発売日が確定!?
左右柄違いの靴下を販売するショップ
±0が母・父の日用にギフトセット発売
posted by admin at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック